過去の結果発表

第11回SCCしずおかコピー大賞 受賞作品
応募期間:2020年9月1日〜2020年10月31日
応募作品総数:3,480作品
課題1:それでも届ける! 配達員を応援するコピー
課題2:理想の家づくりを相談したくなるコピー
課題3:広告の仕事に就きたくなるコピー
課題4:ソーシャルディスタンスも悪くないと思えるコピー
課題5:今、ことばの価値を考えるコピー

11thgrandpirix

大賞
理想の家づくりを相談したくなるコピー
驚いた。 私って、こんなに理想をもってるんだ。
伊藤 健太さん(プロフィックス)

準大賞

ソーシャルディスタンスも悪くないと思えるコピー

合わない人に、会わない理由ができました。

朝岡 茉子さん (静岡デザイン専門学校)

 

学生賞

今、ことばの価値を考えるコピー

第一印象が、「ことば」になる時代

内田 風花さん(静岡デザイン専門学校)

SCCの賞

ソーシャルディスタンスも悪くないと思えるコピー

「去年と同じでいい」という言葉とも、距離がとれた。

小杉 泰紀さん

 

SCCな賞

今、ことばの価値を考えるコピー

声の届かないところにも、ことばは届く。

池野 雅大さん(ピーエーシー)

 

江﨑新聞店賞

それでも届ける!配達員を応援するコピー

荷物だけが濡れていなかった。

島本 剛さん(ユイ制作室)

 

イエタテ相談カウンター賞

理想の家づくりを相談したくなるコピー

驚いた。私って、こんなに理想をもってるんだ。

伊藤 健太さん(プロフィックス)

 

静岡県広告業協会賞

広告の仕事に就きたくなるコピー

流行ったんじゃない、流行らせたんだ

長谷川 明友子さん(パラレルキャリアエクスポ)

 

SCCメンバーズ大賞

今、ことばの価値を考えるコピー

顔は第二印象になった。

丸山 翼 (ADK)

ファイナリスト作品:それでも届ける! 配達員を応援するコピー

「ちゃんと届く」は、日本の誇りです。
島田宏哉さん

配達員じゃない。ライフラインだ。
大井慎介さん

「ありがとう」というサインを書きたい
増田拓也さん(静岡産業技術専門学校)

開ける前から、元気出た。
佐藤雅史さん(静岡県)

荷物だけが濡れていなかった。
島本 剛さん(ユイ制作室)

誰かのために走っているから、かっこいいんだ。
岡田 牧さん(静岡市文化振興財団)

「届いたよ」のオカンの声も、届けてくれたのはあなたです。
福井太麻恵さん(ディスタンス・インターナショナル)

「手渡し」って嬉しい。
菅沼靖幸さん

はじめまして、ありがとう。
土川彩音さん(専門学校浜松デザインカレッジ)

軽い荷物なんてない。
島本 剛さん(ユイ制作室)

ファイナリスト作品:理想の家づくりを相談したくなるコピー

建前で隠した本音、建てる前に引き出してくれた。
寺澤隆一さん

大黒柱だけでは、家は建たない。
朝岡茉子さん(静岡デザイン専門学校)

嫁を説得できる人がいる!
吉田幸央さん(沼津情報・ビジネス専門学校 教諭)

僕たちの選択肢に、この家は無かった。
松村史基さん

建前ではありません。
大橋なつみさん(静岡デザイン専門学校)

知らなかったじゃ、住まない。
二宮正昭さん

驚いた。私って、こんなに理想をもってるんだ。
伊藤健太さん(プロフィックス)

築く前に気付くのが仕事です。
寺澤隆一さん

イエる!
高野祥生さん(神奈川大学)

気づけば老後の話をしていた。
長嶋麻里さん(ラプト)

ファイナリスト作品:広告の仕事に就きたくなるコピー

美術の教科書で、国語の教科書で、社会の教科書です。
杉山 聡さん

名脇役って、ばかかっこいい。
奥松美咲さん(常葉大学短期大学部)

一目惚れさせてみない?
山下実紀さん(常葉大学短期大学部)

立ち止まらせることも、背中を押すこともできる仕事です。
岡田牧さん(静岡市文化振興財団)

サッカー選手にはなれなかったけど、サッカーのCMを作りました。
福井太麻恵さん(ディスタンス・インターナショナル)

この渋滞はあのチラシのせいか
遠藤俊和さん(新富士病院)

「あの会社に入りたい」と思わせてくれた、この会社に入りました。
山崎望未さん(エイエイピー)

流行ったんじゃない、流行らせたんだ
長谷川明友子さん(パラレルキャリアエクスポ)

私のコトを知らない人も、私のシゴトは知っている。
増田綾子さん(ナガハシ印刷)

だれかの落とし方を、いつも考えている。
竹内裕美さん(マリンオープンイノベーション機構)

ファイナリスト作品:ソーシャルディスタンスも悪くないと思えるコピー

2020年の夏の思い出は、どこへ行ったかではなく、誰を思い出したかでした。
桂井靖彦さん(ピーエーシー)

「離れていても…」って、なんかいい。
原木菜帆さん(静岡デザイン専門学校)

合わない人に、会わない理由ができました。
朝岡茉子さん(静岡デザイン専門学校)

「去年と同じでいい」という言葉とも、距離がとれた。
小杉泰紀さん

よかったオナラばれなかった。
三輪純久さん(fujino38.com)

ちょうどよい距離が、あなたと私を近づけた。
落合里美さん

今年のクラス写真、パノラマだってよ!
武田久美さん

地球が青かったことも、離れてみないとわからなかった。
富田晶子さん(静岡新聞社)

抱きしめられた時よりも、抱きしめたいって言われた時の方がキュンとした。
福井太麻恵さん(ディスタンス・インターナショナル)

部長、怒るときは、2メートル以上離れてくださいますか?
大端 将さん(thinx)

ファイナリスト作品:今、ことばの価値を考えるコピー

「ぎゅーちて」の一言で、鬼の私を倒した娘。
長嶋麻里さん(ラプト)

声の届かないところにも、ことばは届く。
池野雅大さん(ピーエーシー)

心に刺さると抜けにくいもの
柳瀬重聡さん(evoluir)

第一印象が、「ことば」になる時代。
内田風花さん(静岡デザイン専門学校)

言葉って種だ。まかないと咲かない。
福井太麻恵さん(ディスタンス・インターナショナル)

言葉遣いを変えた、考え方も変わった。
清水裕一朗さん

あなたは覚えてないけれど、座右の銘になりました。
佐藤碧葉さん(静岡市立清水桜が丘高等学校)

ことばって「おもい」な。
イデヤスミンさん(専門学校浜松デザインカレッジ)

ことばがいらない相手は、ことばをたくさん交わした相手だ。
島本 剛さん(ユイ制作室)

押されるより言われるほうが、「いいね」はうれしい。
黒川雄一さん